ほったからし投資

良い子も悪い子も真似しないこと。米国株式投資なんてやめておきなさい。

結局、スターアジアは買いなのか誰か教えてほしい

このエントリーをはてなブックマークに追加

国内REIT(J-REIT)にあまり興味はないが、スターアジアの利率の高さとNAVの低さには興味をひかれるものがある。ただ、スターアジアは長期保有に向くのか、それとも短期保有(数年程度)か、もしくは数か月だけ保有して配当だけを狙うべきか、誰か教えてほしい。

目次

スターアジア不動産投資法人

ポートフォリオ

マルコムなんちゃらが創立したとかそういう話はどうでもよく、結局のところREITで重要となるのは取得物件とその性質。スターアジアが保有している物件は公開されているポートフォリオから確認できる。

2017年05月20日アクセス

f:id:mossan4:20170520122417p:plain

個人的な意見だが、東京圏内以外の物件を持つREITは長期保有に向かない。また、ホテルなどよりかはオフィス系のREITの方が長期保有には向いていると考えている。そこでスターアジアはどうなっているかというと総合型のREIT第二回の資産運用報告では東京圏内の割合が78.4%となっている。また、オフィス系の物件の割合は上記の表から33.25%となっており自分の考えている理想とはかけ離れている。

f:id:mossan4:20170520123444p:plain

オフィスビルからの収入は伸び続けているが、今後も伸び続ける保証はなく、予定通りに物件の追加購入がうまくいかなければ近いうちに頭打ちになるだろうと考えられる。また、オフィスビルの更新時期は第3期から~6期までに集中しており運が悪ければ収入が悪化する可能性がある(ただし、オフィス系はあまり移転とかしないのでいらぬ心配だと思うのだが…)。

f:id:mossan4:20170520123805p:plain

物流系は第5期に更新がある。物流系は長期の安定した収入となるらしいが本当のところはわからない。

分配金

第2期(平成29年1月期) 決算説明会資料から今後の分配金及び巡行利回りを計算できる。

f:id:mossan4:20170520124621p:plain

最近の株価は10万前後で攻略していることを考えると、上記の図から巡行利回りは2750円/10万×2期となり年間で5.5%程度となる。なお、分配金の変動要因も決算説明資料に記載されており

f:id:mossan4:20170520125233p:plain

上記の内容から物件の強化がされなければ年間の利回りは5.5%前後に落ち着くだろうという予想が立つ。

今後のポートフォリオ

f:id:mossan4:20170520125828p:plain

順調に資産規模が拡大すれるのであれば2020年ごろまで保有してもいいかもしれない。

結論

結局のところ、長期保有はする気はないが、1年程度であれば保有してもいいかもしれない。2期間保有したのちは2期間の実績で2020年まで保有するか決めればよいと思う。ただ、REITはもともと保有する気はないので当初の考えからずれてしまうためあまり購入する気にはなれない、っていうのがホンネ。

感想

いちいち調べるの面倒。