ほったからし投資

良い子も悪い子も真似しないこと。米国株式投資なんてやめておきなさい。

ETFの勉強:Smart Beta Strategy

このエントリーをはてなブックマークに追加

f:id:mossan4:20170729212634p:plain

Smart Beta Strategyとは

Smart Betaとは、VOOのように市場全体に投資するのではなく、アクティブ投資のように+α(ベータなのに+αとは如何に)を加えた投資戦略です。 例えば、Vanguard S&P 500 Value ETFはS&P 500の中からバリュー株と呼ばれるものを選定し、それらに投資しています。 そこで重要となるのは、インデックスの中から株式を選定する際に用いられる指標は何か、ということになります。例えば、

  • ROE
  • 営業利益
  • 売買代金
  • 時価総額
  • ボラリティ
  • 配当利回り
  • 配当の継続性・成長性

等が考えられます。よって、smart beta ETFを検討する場合は何を指標として構成銘柄が抽出されているか把握する必要があります。

Smart Beta ETFは既存のETFをoutpeformするか

smart beta ETFは既存のインデックスに連動したETFを卓越したパフォーマンスを目的に開発されました。しかしながら、smart beta ETFがS&P500のようなインデックスを超えることができたのでしょうか?

まず考慮しなければならない点はアクティブ投資の対部分はパッシブ投資に長期的に負けているという点でしょう。smart beta ETFはパッシブ投資にアクティブ投資のエッセンスを組み込んだアクティブ+パッシブ投資のハイブリットとみなすことができます。一方で、smart betaが優れているのであれば、それはアクティブ投資が優れているということの証左である一方で実際にはアクティブ投資はパッシブ投資に劣後するという事実からsmart beta ETFは純粋なパッシブ投資を超越することはできないのではないかと思います。

また、smart betaでは短期間に構成銘柄の入れ替わりが多いのではないか、と懸念しています。事実ベースで構成銘柄が入れ替わりが多いかは確認するに値する事項だと思いますがそこまでsmart beta ETFに興味がないので確認はしませんが(笑

Smart Beta ETFは買いか?

前述の観点からわざわざsmart beta ETFを購入する意義はない、と私は考えております。