ほったからし投資

良い子も悪い子も真似しないこと。米国株式投資なんてやめておきなさい。

SPXLの運用方針のメモ

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分用メモです。

基本方針

SPXLは基本放置。

追加購入方針

基本放置だが、継続的なBuy & Holdを実行するために、追加購入は年に1~5万円以内に留める。これはSPXLがレバリッジを効かせたETFのため、歴史的なS&Pのパフォーマンスから最大1/10程度まで下落する可能性があるため大きなポジションを持つのは避けるため。VVやVOOに連動したETFの1/10以下に留める。

ただし、以下の場合において大きくポジションををする。

  • 直近の高値から1/2まで値下がりしたとき
  • 直近の高値から1/4まで名下がりしたとき
  • 直近の高値から1/8まで値下がりしたとき
  • 直近の高値から1/10まで値下がりしたとき(←ほぼあり得ないが)

どれくらいの金額を突っ込むがわからないが、上から10万、20万、40万程度を想定している。なお、元値に戻ったらポジションは解消することとする。 状況を見据えて本格的に米国やばい(核を撃ち込まれた)場合は追加購入はやめておく。