ほったからし投資

良い子も悪い子も真似しないこと。米国株式投資なんてやめておきなさい。

レバリッジ型ETFは長期保有にむかないのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

レバリッジを聞かせたETFは長期保有に向かないというのがネットの通説。だったらそれを経験にて補おうというのが今回の趣旨。

目次

レバリッジETFは買うべき?避けるべき?

レバリッジETFが長期保有に向かないと説明しているサイトは

これらのサイトの結論はレバリッジETFは長期保有すべきではない(買うべきではない)。一方でUPROなどのチャートを見ると長期間で株価は上昇(年率20%ぐらい)している(なお、これはS&P 500が長期的に上昇トレンドであったから)。この相反する二つの意見はどちらが正しいのか。将来のパフォーマンスというものはわからないがS&P 500は現状長期的にみて上昇するという考えは多くの人が賛同すると考えればUPROに実験的に投資してみてレバリッジETFが長期保有に向かないか経験を基に結論付ければよい。

どのレバリッジETFを保有するか?

保有すべきレバリッジETFは長期的に上昇トレンドを描くと思われるインデックスを購入すべき。ということは債券や金属などのETFは避けるべき。現状、自分が把握している中で長期的なトレンドを描いているインデックスはS&P 500であるからS&P 500にレバレッジをかけたETFを購入しようと思う。

S&P 500 レバリッジETF

2倍でギャンブルしても楽しくないので3倍を買おう(爆)。

UPRO vs SPXL

UPROとSPXLはS&P 500のブル3倍ETFだが以下の点で異なる。

  • 取引量:UPROの方が多い
  • 価格:SPXLのほうが安い

UPROのほうが流動性が高いが購入しやすさはSPXL。ただし、今回の実験は一回買って長期保有が目的なので定期的な購入のしやすさは特に問題でないからUPROを購入しようと考えていたが、今後Adsenseによるブログの収益化が可能となった場合、定期的に追加購入ができるようSPXLにしたほうがよいか…迷う。

実際に購入(後悔)。

現在、NISA待ちで手元にある資金が120万(なお、ローンが30万あり。毎月20万づつ投資に追加していく予定)あるので今回はSPXLを10万円ほど購入することにした。

f:id:mossan4:20170515233457p:plain

すげー、取引直後に7ドルも損失が出てる(笑)

参考

成長のない市場においてレバレッジ型のETFがどのように挙動するか試算してみました。

www.mossan.tokyo

過去のS&P500のデータをもとにどのようなリターンが見込めるか試算してみました。

www.mossan.tokyo

SPXLの運用状況はこちらから確認できます。SPXLでギャンブルする前に実際どうなったかを確認したほうが良いと思います。

www.mossan.tokyo